深く考えないで捨てるように書く、また

もう一度、自分自身と、自分の中の言葉と生で向き合う

ブログに書くことは

気がついた。
自分が書きたいことを書いているんじゃなくて、自分が読みたいことを書いている。
書くのはたった1回だけど、読むのは何度でも読める。
こうして書くのは、書くためではなくて、読むためだ。今は読まなくても、やがて来る将来に読むためだ。自分の読むものをここに溜めている。